<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.05.10 Sunday  | - | - | 

色彩を持たない田崎つくると、彼の巡礼の年

  次女がブログをおなざりにしている間にめちゃ読書家に育っていて、村上春樹もエッセイ読んでファンになっているので、発売日の後、再入荷だった日に書店にあったので、思わず買っちゃいました。基本次女はけち。。なので、^^;借りてくる専門なんですけどね。

 で、GWの中頃に試験があったので、その後読んだので、一昨日私もやっと読みました。そして一気読みしちゃった。。あまり日本の小説は読まない派なんです。。結末気になって先拾い読みしちゃうんですよね〜。ダメだわ。”だからノンフィクションが好きなんだよ、結末わかってるから!”って次女に怒られました。。その通りだわ。

 そんな私でも一気読み出来ちゃう量だったので、良かったです。読みやすかったですよ。おもしろかったです。読んだ方はわかるでしょうが、最後、ひとつの謎が残されたままなので、すっきりはしないのですが、それはそれで、各個人がいろいろ考える感じで良いのかな〜と思いました。。いろいろ考えられるよね。。

 このくらいの短さの本がいいな。。前後編長作だと、時間がない自分にとってはそれだけでハードルが高いです〜。

 

 

 
2013.05.09 Thursday 20:45 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< グランローザ 潮の湯 | main | 「怨霊になった天皇」 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2015.05.10 Sunday 20:45 | - | - | 
ひっきー (2013/05/21 11:50 AM)
さななさん
ブログ再開おめでとう!
firefoxなら文字化けしないようです。何故だろう、、。
私もその本、気になってたんですよ。そのうち図書館で借りて読もうと思ってますが、200人くらい待たないといけないので、その前に文庫が出たら買おうかな。w。
またあそびにきます。
さなな (2013/05/21 8:33 PM)
ひっきーさん

また遊びに来てくださいね^^

次女のアンサンブルの練習が月1に4時間くらいあるんですが、その間図書館で時間つぶしてます^^

村上作品は「海辺のカフカ」と「1Q84」は次女が借りてきたのをちらっと読んだだけですが、それよりは読みやすい感じでしたよ^^